【試合に出場する選手の条件】

試合にでたいなら練習するしかない 努力の成果をなにではかるんだ 個人の努力はリフティングではかる リフティングができるやつがたくさん試合にでる からだの出かさや速さではない 技術の努力ができる選手が試合に出る選手だ リフティングが直接関係ないかという人もいるが そこは曲げない たくさん試合にでたいならとなりのやつにリフティングでまけるな それ…

続きを読む

【表裏壱対】

人間として生きていく上で表裏はあると思う 表裏とは真逆の存在価値 その真逆の存在とはなんなのか サッカーに通ずるものがあるのか どうなのか サッカーにも表裏があると思う サッカーには攻撃と守備がある 攻撃だけが強いチームが良いチームなのか それとも組織的な守備ができるチームが良いチームなのか 僕は違うと思う 常ねサッカーは表裏壱対で両方…

続きを読む

【物事の逆】

指導をするには物事の逆をとらえることが重要 物事の逆とは 通常の流れとは逆から考えること 逆から考えると 実はスタートが見えてくる スタートから順にトレーニングをするとが重要 小学生にいきなり数学を教えてもわからない 因数分解などしかり だから逆から考える ゴールはどこ スタートはどこ そこを間違えてゴールからはいってはいけない …

続きを読む

【成長】

人生と一緒でサッカーにも壁は存在する その壁は、ライバルだったり自分の中にあるものだったり 特に自分の中にある壁は越えなければいけない 壁は人によって厚い壁もあれば薄い壁もある 厚くても薄くても乗り越えることは同じ それに時間がかかるかかからないか 試合でもプレーがうまくいかないときだってある そこで壁にぶつかった時に一生懸命越えようとする選手がいる …

続きを読む

【守備の約束(小学生)】

①ボールをとりにいく(前から取りに行く) ②取られたら取り返す(自分自身の責任で) ③体を張る(体をぶつけて相手の攻撃をストップさせる) ④飛び込まない(1対1で足だけで行かない) etc・・・

続きを読む

【選手に伝える3つの約束】

①相手を困らせるプレーをしよう(相手の考えを混乱させる) ②相手の逆を常に突くプレーをしよう(相手の考えの上をいく) ③相手がボールを持ったとき全力で守備をしよう(体を張り、ボールへの執着心をみせる)

続きを読む

【ドリブル】

ドリブルのうまい選手は賞賛される ドリブルは難しい 細かいタッチを何度も繰り返し 片足でバランスを取りながら ボールを運ぶ技術 それがドリブル ドリブルは何のためにあるのか ドリブルはチームのため仲間のためにある ドリブルは仲間を助けるための1ピースであり ドリブルがあることで誰かがフリーになれる ドリブルは仲間のためチームのために必要…

続きを読む

【騙し合い】

社会において人を騙すことはしてはいけない しかしサッカーにおいては人を騙すことはよいこと サッカーは騙すことが上手い選手がよい選手 騙すことに長けてる選手は素晴らしい 社会とサッカーは違う 騙すことをほめるのがサッカー サッカーは相手と駆け引きをして騙すのが楽しい サッカーは騙し合いの連続だから面白い

続きを読む

【指導者】

指導者は学び続けなければならない 指導者は考え続けなければならない 指導者は常に向上心をもたなければならない 指導者は我慢をしなければならない 指導者はサッカーを楽しまなければならない 指導者は信じ続けることをしなければならない 誰かに何かを教えるのは難しい だからこそ勉強が必要だと思う

続きを読む

【勝敗】

スポーツに勝敗は付き物 スポーツの中のサッカーも同じ 勝敗(結果)とは何か 勝敗には種類がある プロは結果(勝敗)を求められる 育成年代の勝敗は何か 育成年代の勝敗は今トレーニングでやっていることで相手に勝てているか 結果ではない 例え相手に0-5で負けていようとも 今トレーニングでやっていることで負けていなければそれでいい 今トレーニ…

続きを読む